輸出入貨物のことなら太田国際貨物ターミナルへ

oict ci

代表取締役会長あいさつ

代表取締役会長 清水聖義
株式会社 太田国際貨物ターミナル
代表取締役会長 清水聖義
(群馬県太田市長)

皆さま、こんにちは。太田国際貨物ターミナル(OICT)のホームページへようこそ。

OICTが立地する太田市は、平成17年3月28日、1市3町(太田市・尾島町・新田町・薮塚本町)の合併によって新生「太田市」となりました。

ご承知のとおり、太田市はSUBARUの企業城下町として輸送用機器、電気機器など製造業を基幹とする産業構造が形成されています。群馬県が毎年実施している工業統計調査によれば、太田市の製造品出荷額は、平成28年度は2兆8,421億円(県全体の32.6%)であり40年連続して第1位、北関東エリア第1位、関東エリア第4位、全国エリアでみても第11位(平成28年度市町村別製造品出荷額特別区を除く)を誇る工業都市になります。

このような産業構造は、OICTが設立された19年前、それ以前からもほぼ変わらず、地元企業はグローバル化が進展する中で競争力を高めるため生産拠点を海外へシフトさせ、または現地子会社との間で部品や製品等を調達するなど、輸出入が増加する傾向にありました。これらを支援するために、インランド・デポに必要な機能有した施設を設置、第三セクター法人に運営を担わせて開業しました。

現在、OICTは2拠点にて運営しており、本社(清原町)には東京税関前橋出張所太田派出所が開設され、通関、輸送を担う企業が支店や営業所を構え、集荷・配送・梱包・一時保管・通関・荷役・保税運送・流通加工・物流管理に至るまで国際一貫物流サービスを可能にする「インランド・デポ」として、荷主が一層モノづくりに中できる環境づくりに日々努めています。

また、海上コンテナターミナル(緑町)は、今後益々需要の高まる海上コンテナ貨物を専門に扱うターミナルとして、まさに「インランド・ポート」。京浜港コンテナターミナル周辺の混雑回避に繋がるなど、日本初の試みが日本の港湾における国際競争力の向上にも寄与しています。

昨年4月に1,600坪を超える物流管理倉庫が立ち上がり、新たに入居する荷主が輸入後の物流管理サービスを集約し、事業を開始します。OICTには19年を経過した今でも企業を引き寄せる魅力があります。関係者以外の皆さまも是非OICTに足を運んでいただき、「内陸にある港」を知っていただきたいと思います。
最後になりますが、OICTはこれからも経営理念に掲げる「弛みない努力と英知を結集して、顧客の物流改革と知育経済の発展に寄与する」ことで、北関東における国際物流の拠点として確固たる地位を築いて参ります。

今後も皆さまからより一層のご指導、ご鞭撻を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

2019年3月


代表取締役社長あいさつ

代表取締役社長 荻原榮一
株式会社 太田国際貨物ターミナル
代表取締役社長 荻原榮一
(太田商工会議所名誉相談役)

このたびは、当社ホームページをご覧いただきまして誠に有難うございます。

また、関係者の皆さまには日頃から当社をご愛顧いただきまして心より感謝申し上げます。

さて、当社は太田市の第3セクターとして会社設立され、平成12年4月から営業を開始しておりますが、創立から20周年となりました。

この間、飛行機や船はありませんが、空港や港と同じ業務を担う「内陸にある港」を作ることで、荷主の混雑回避、コスト安による物流改革が図れる施設になろうと努めて参りました。

お蔭様で、県内外から250社以上のご利用があり、手狭になった施設を増強するため、平成25年海上コンテナ専用のターミナルを設置し、市内2拠点にて経営しております。

是非、利用意向のある荷主様または、フォワーダー様、輸送業者様、船会社様は、お声掛けいただければと思います。

荷主の皆様には、輸出入貨物の物流管理拠点としてご利用ください。フォワーダーの皆様には、関東地方を一望する製造集積地(北関東工業地域)における営業拠点としてご利用ください。輸送業者の皆様にはひっ迫するコンテナ輸送の受け皿としてご利用ください。
こうして、国や群馬県、太田市のバックアップを受け、先行きが大変明るいOICTでありますが、企業の円高対策等による海外拠点化、フォワーダー各社の競争激化に加え外資系インテグレーターの進出、ULD化に伴う成田空港への貨物の集約化、安価な海上コンテナ輸送への切り替え、またAEO制度などの規制緩和策によって、取り巻く経営環境は益々厳しいものになっています。今後3期は「国際総合物流企業OICTの誕生にむけた7本の矢」と銘打って、生き残りをかけた次の目標を掲げて対応しております。

  • AEO制度(特定保税蔵置場)の認証と平成29年度のNACCS更改対応
  • 海上コンテナ・輸送業務・通関手続き・ダンボール梱包の順次事業化
  • 国際物流コンサルティング業務の推進(自社営業力の強化)
  • 海上コンテナの取扱い増加に向けた対応(バンプール船社拡大とOICTB/L化、SOLAS条約対応に伴うワンタッチコンテナ通関の促進、コンテナマッチング等の拡大)
  • あらゆる荷主ニーズへの対応(BTC型倉庫の拡大)
  • 地元農産物の輸出に伴う植物防疫所誘致、加工食品の輸出促進
  • これまでの施設管理実績を活かしたあらゆる施設管理業務の受託

これらを実現していくことで、荷主の信頼ある国際物流パートナーになっていくことこそ正しく「OICTの使命」であります。

つきましては、荷主様の国際物流に関するサービスについて、何なりとご相談ご用命を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

平成28年9月